個人再生を知ろう!こんなケースではどうなるの?

By | July 8, 2017

債務整理にはいろいろな種類がありますが、ここでは個人再生についてそれぞれのケースについて見ていく事にしましょう。。

個人再生が会社に知れたらどうなるの?

個人再生をすると職場に知れてしまうのでないか、と心配する人もいます。そして一番嫌な事はもしもバレてしまった時にはクビになるのではないか、という事です。一般的な企業に勤めているのならば、本人がバレないように気を付けていれば周りに知れる事は普通はありません。

しかし、万一に知られてしまう事があったとしても、クビにはなりません。個人再生を理由にして解雇する事は禁止されています。ですが、もし個人再生をした事実が周りにバレた時には、配置替えがされる事はあります。

中でも銀行などのたくさんお金を取り扱う職場においては、直接お金を扱う事が無い部署に変えられる事はあります。これが公務員の場合でも地方公務員法による欠格事由にはならない事から、個人再生をしてもその事が原因で解雇にはなりません。

基本的に個人再生が周りに知れる事はありませんが、時にはバレる事もなくはないです。個人再生の場合は全てが借金の対象ですから、会社や職場に関係している組織からお金を借りているケースでは知られる事もあり得ます。

どうしても会社関係かの借金はそのままにしておいて、会社に知られる事は無いようにしたいのなら、個人再生よりも任意整理の方がいいでしょう。

キャバクラ遊びが過ぎて借金ができた時

キャバクラが好きな男性も多いですが、もしも夜のお店でお金を使い過ぎて借金した時には個人再生は適用なのでしょうか。個人再生は任意整理の一つになり裁判所の手続きが必要になります。

任意整理の手続きをしても返済していく事ができない場合でも、自己破産だけはしたくないという人が利用する制度して2001年から始まりました。また個人再生は自宅を持っている債権者のための制度とも言われる事があります。

持ち家をそのまま残して借金を整理する事ができます。このような個人再生ですが、キャバクラ通いの結果できた借金に関しても、個人再生は適用できます。もちろん継続的に収入があり返せるあてがある事は重要ですが、個人再生は借金の種類に関係なく利用できます。

借金の種類が重要視されるのは、免責不許可事由がある自己破産のみです。自己破産は借金を全てなくす事はできますが、基準は厳しくなっています。任意整理と一口に言ってもいろいろですが、個人再生についてもそれぞれのケースについてどうなるのか、知っておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *