借金地獄に陥っても債務整理のデメッリトだけを考えてできないでいる人も多くいます

By | June 22, 2017

多額な借金は人生まで狂わせかねません。
また、返済しきれないほどの借金をしてしまうのは、お金がルーズだからと、烙印を押されてしまう可能性も大きく信用を失いかねません。
多額な借金をかかえているからと、せっかく恋人ができても相手に結婚を躊躇されてしまうかもしれませんし、また、相手の親に反対される可能性は大きいです。
自分の借金で身内に迷惑をかけている人も大勢いますが、もし、返済しきれないほどの借金で普通の生活ができなかったら、債務整理を検討することをおススメします。
債務整理は難しいからと始めから諦めてしまうことはないのです。まずは弁護士事務所に相談してみてください。

ローン地獄に陥っても債務整理をためらっている人がいますが、債務整理をためらう理由には、デメリットだけを考えている人が多いです。
一番最初に頭に浮かぶのは、弁護士費用の問題で、弁護士費用が払えないと思ってしまうことです。
次に浮かぶのがブラックリストに載ることで、ブラックリストに載ると人に知られると心配する人もいます。
そして、債務整理をすると5年程度は借り入れが出来ず、クレジットカードも使えなくなるので困ると心配する人も多いです。

様々な理由で債務整理をすることを多いのですが、従弟の30代の男性は親兄弟から債務整理をすることを反対されてできませんでした。
親兄弟にも借りたお金を返さなかったり、親には100万円の借金を肩代わりしてもらったこともあり、反対を無視して債務整理に踏み切ることができなかたのです。
しかし、利息が利息を生み、とうとう自分の給料の額と返済が同じになるほど借金が膨らんでしまったので、思い切って弁護士事務所に相談をして、自己破産をすることになりました。

弁護士が全てを行ってくれ、自己破産ができたのですが、借金地獄から解放された嬉しさは言葉に表せないほどだったと言います。
もっと早く債務整理をすればよかったという後悔も沸いたそうです。
しかし、従弟の男性自身も親兄弟の反対とは別に、自分でも自己破産は世間体が悪いのでできればしたくないと考えてたそうですし、5年も6年も借入ができないと困るとも考えたそうです。
しかし、自己破産で借金がキレイになり、普通の生活ができるようになった今、再び借金地獄になりたくはないので、たとえクレジットカードでも借金はしたくないと考えるようにまでなっています。

多額の借金をかかえながらも、あれこれ考えて債務整理をためらっている人に申し上げたいのは、債務整理のデメリットだけを考えていないで、借金が0かあるいは大幅に減額されて普通の生活ができるようになった自分を想像してみてください。
自分も苦しみ、親兄弟にも迷惑をかけているよりもずっといいはずです。
また、弁護士に借金地獄に陥っただらしない自分の話をするのが恥ずかしいと思う人もいるようですが、弁護士はあなたのような人をたくさん扱っているので、恥ずかしいとかそんな心配は無用です。
まずは弁護士に相談してみることをおススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *