家族にばれたくない逃げたい!そんな人のために任意整理がある

借金問題で苦しんで債務整理を検討する人もいます。でもできれば家族にバレる事なく済ましたい人もいますね。そんな時にお勧めなのは任意整理です。任意整理なら家族にバレにくいのには理由があります。

まずは弁護士に依頼する事で債権者の催促が無くなる事です。債権者はたびたび電話や督促状を送りつけてきます。このような事が続くと債務者にプレッシャーになり、ストレスを感じるようになります。

それを家族が見て様子がおかしい、という事から借金の問題に気付く事があります。弁護士に依頼すると、債権者に受任通知を送ってくれます。すると債権者はそれ以降、債務者に返済の催促をする事ができなくなります。

ですから家族にバレるリスクは減ります。また交渉する窓口が弁護士になるので債務者の家に債権者から直接的に連絡が入る事はありません。また弁護士との連絡においても家族に内緒で債務整理をしたい旨を先に告げておけば、弁護士も配慮してくれます。

例えば家の固定電話には連絡を入れないとか、弁護士から債務者に対して書面を送る時には事務所名を記載しないようにするなどです。それに和解するまでの期間も3か月程度ですから、長引く事がありません。その事も家族にバレにくい理由になります。

任意整理が家族に知られてしまう時

任意整理は家族にバレにくい事は確かですが、バレしまう可能性もあるので注意が必要です。例えば家族が債務に対しての保証人になっている時です。家族が債務整理に関して法律上関係がある時にはバレるリスクがあります。

債務者が債務整理をすると債務者は保証人に返済請求をできますが、債務整理をしている事を家族にバレてしまいます。また貸金業者に訴訟を提起された時もバレる可能性が出てきます。

弁護士に任意整理を依頼した後では、債権者からの督促は止まります。しかし、債権者に債権回収の訴訟を提起する権利はあります。ですからもしも訴訟が提起されてしまうと家に訴状が届いて、それを家族が見つけるかもしれません。

また給料が差し押さえられた時にもバレる危険性はあります。債権者が貸金返還請求訴訟に勝訴し債務名義を得た時には、債務者の給料を差し押さえする事ができます。差し押さえられた事で家計に異変が生じた時には、借金の事がバレる可能性はあります。(出典:金融庁のホームページ

個人再生や自己破産はほとんどの場合バレる

任意整理は家族にはバレにくい債務整理ですが、個人再生や自己破産は家族にバレると思っておきましょう。それは家族で用意する必要がある手続きもがあるからです。家計収支は家計の収入と支出に関して直近2カ月分を提出しないといけません。家族にバレないようにするためには支出額を把握する事や裏付けになる領収書を一人で集める必要があります。

また家族に給与所得者がいる時には、給与明細書も出さないといけません。家族の給与明細書が自宅に保管されているのならば、こっそりと持ち出す事も出来るかもしれません。

しかし、今の時代企業の方針によっては、給与明細書は電子化している事があるのでその時には家族に手配してもらうしかありません。また自己破産においては資産が処分されてしまうのでその際にも家族にバレてしまいます。

自己破産においては99万円を超すお金と20万円を超えている財産は処分されます。それが債務者への返済に使われます。家財道具など日常生活に必要になる財産は残す事はできますが、その他の債務者名義の財産を持っている時には差し押さえが起こります。

その事で家族にバレてしまう事になります。借金に苦しみ一人で抱えて生きていくのは大変な事です。借金の額が大きくて、家族の協力がないと難しいと時には家族にバレる事なく行うのは大変な事です。一人で抱え込んでいる事に疲れているのなら、家族に思いきって話してみる事も考えてみましょう。(出典:債務整理が1分でわかる借金返済ストーリー